金融食品文化美容仕事学校旅行人気運勢健康TOPページ


 
  トップページ | 新着情報
 

ビジネスマナーの基本は挨拶

何事にも、基本というものはあります。
それはビジネスマナーであっても例外ではありません。
そして、ビジネスマナーは特に基本が重要と言われています。
では、その基本とは何を指すのでしょう。
それは、挨拶です。

この挨拶ができるかどうかというのは、家庭や学校での教育がほとんどのウエイトを占めます。
育った環境次第では、全く挨拶をする習慣がなく、なかなかはきはきと言えない人が実に多いのです。
挨拶の出来ない人は、自己啓発クラスの革命を起こしてでも挨拶ができるようにならなければ、社会では通用しないということです。
挨拶をしっかりしなければ、社会ではまず相手にもされない、というのが社会の常識なのです。

あいさつの教科書


では、ビジネスマナーにおける挨拶というのは、基本的にはどのような言葉遣いなのでしょう。
大体の目安ですが、午前11時までは「おはようございます」11時以降は「お疲れ様です」「こんにちは」、退社する際は「お先に失礼します」退社する人に対しては「お疲れ様でした」というのが基本です。
もちろん、立場が違えば言葉遣いも違ってきますし、業界のよってはどんな時間でも「おはようございます」が基本の世界もありますが、まずはこれらをしっかり使うことがビジネスマナーの基本と言えるでしょう。
基本の挨拶というのはコミュニケーションにおける出発点であり、初対面での第一印象を決定付けるものでもあります。
つまり、あらゆる局面において、この挨拶がはじまり挨拶に終わる、これが社会の常識であると言えます。
挨拶ができないだけで自分を低く見られることに憤りを感じる人もいるようですが、実際問題、挨拶にはその人の礼儀が全て集約されています。
これをしっかりできなければ、社会から締め出されてしまうことさえあるのです。
必ず、挨拶はしっかりと、はきはきと言えるようなってください。


あらゆることが好転していくご挨拶の法則

あらゆることが好転していくご挨拶の法則

  • 作者: 林田 正光
  • 出版社/メーカー: あさ出版
  • 発売日: 2008/04/14
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)



通信教育講座E-LifeStudy
posted by ビジネスマナー 仕事の味方 記録の細道 at 18:04 | Comment(0) | ビジネスマナーの基本は挨拶 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ビジネスマナーは日常生活から

「ビジネスマナー」と言葉にすると、それは少し堅苦しく仕事のみのマナーという印象を受けます。
しかし実際にはそうではなく、日常の様々な身だしなみや過ごし方など日常生活が、そのままビジネスマナーに繋がるのです。
例えば、挨拶や言葉遣いは、なにもビジネスだけに特化したものだけでなく日常よく使っている言葉そのものがしっかりしていれば、なにも仕事の時だけに使い分ける必要もないのです。
また、文章を書く場合もそうだと思います。
もちろん、専門の書類を作る場合や、取引先にメールを送る場合は、ビジネスマナーを遵守した言葉遣いや文章が必須です。
よって、これらは日常生活とは切り離したところで覚えていく必要があります。
しかし、例えばお世話になっている上司に年賀状を送る場合などは、まず何よりその字の美しさが問われます。
いくら言葉遣いがビジネスライクであっても、字が汚いと印象が悪くなります。
特別上手くなくてもいいのですが、最低限形を整えるくらいのことは必要です。
そのためには、日頃からしっかりした文字をかけるようにしておくことが重要なのです。
ビジネスマナーは、私たちが過ごす日常の中にこそ、その土台があります。
日々を何も意識せず、いい加減に生きている人が付け焼刃のマナーを覚えても、必ずどこかにしわ寄せがきてしまうのです。
だからといって、あまり堅苦しい日常を過ごす必要はありません。
ただ、あなたが家にお客さんが来た場合、お客さんが帰る前に靴をしっかり並べ直しておくとか、挨拶の際はしっかりお辞儀をし、誠意を見せるとか、こういった事を日常で身につけておくことで、自然と仕事場でもしっかりした対応ができるようになるでしょう。

あいさつの教科書

あいさつの教科書

  • 作者: 挨拶教育研究会
  • 出版社/メーカー: 中経出版
  • 発売日: 2004/04/20
  • メディア: 単行本



posted by ビジネスマナー 仕事の味方 記録の細道 at 15:45 | Comment(0) | ビジネスマナーは日常生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ビジネスマナーの重要性

最近の思うのですが、ニュースなどを見ているとマナーが軽視されている傾向が強まっているように思います。
元々、マナーというのは社会にでる前にしっかり身につけるものという考えが当たり前だったのですが、最近はそうでもないようで、あまりにも礼儀知らずな若い人達が増えています。
これはインターネットの弊害と言ってもいいかもしれません。
ここ10年ほど、インターネット上でのマナーは最悪な状態が続いています。特に、特定の掲示板、特定のサイトのみではなく、あらゆるサイトで傍若無人な言動を行う人達が急増しています。
「匿名性」が高いインターネットの仕組み自体がそれを助長させていることは間違いありません。
また、学校でのいじめに「裏サイトでの中傷」という大きな項目が加わりました。学校の生徒や教師を実名やそれに近いかっこうで名指しで中傷するような行為が頻繁に見られるのです。

学校裏サイト――進化するネットいじめ(晋遊舎ブラック新書 6)


日本における若年同の礼儀作法というものは、地に堕ちた状態といわざるをえません。ですが、社会人となると、そうも言っていられません。
横柄な態度や言葉遣いをすれば、仕事はなくなります。
就職難のこの時代、そのような事で世間を渡っていけるほど、今の社会は甘くありません。
いつまでも学生気分で親にわがままを言うようなことが通用しません。
そういう事もあり、現在至る所でビジネスマナーの重要性について説かれています。
ビジネスマナーをしっかり学ぶ事で、他と差をつけようという事です。
本来は身についていて当たり前の物で差をつけるというのもむなしい事ではありますが、現実として有効である以上は利用すべきです。
すこしでも就職に有利なものを身につけたいという人。
常識ある大人となって、仕事をこなしたいという人。

一刻も早く出世して、お金を稼ぎ地位と名誉を築きたいという人。
そういう人は、社会に出る前からビジネスマナーを完備させておきましょう。

図解ビジネスマナー―さすが!と言われる

図解ビジネスマナー―さすが!と言われる

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: 高橋書店
  • 発売日: 2006/03
  • メディア: 単行本


posted by ビジネスマナー 仕事の味方 記録の細道 at 08:19 | Comment(0) | ビジネスマナーの重要性 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ビジネスマナーは仕事の味方


ゼロから教えてビジネスマナー―一番わかりやすい本を書きました!

ゼロから教えてビジネスマナー―一番わかりやすい本を書きました!

  • 作者: 松本 昌子
  • 出版社/メーカー: かんき出版
  • 発売日: 2008/09/02
  • メディア: 単行本



 ビジネスマナーの重要性
 │
 ├ 日常生活のマナーから
 ├ 基本は挨拶
     └ お辞儀を使い分け
 ├ 身だしなみは心を表す
     └ ビジネススーツ
 ├ 挨拶は名刺交換から
     └ 名刺交換の手順
 ├ ビジネスマナーの基本は敬語
     └ よく使用する敬語
 ├ 「ホウ・レン・ソウ」の重要性
     ├ 上司に相談する場合
     ├ 大事な上司との付き合い方
     └ セクハラは例外なく【NG】 だ!
 ├ デスクの上は清潔に
 ├ 電話応対は会社の顔
     ├ 電話対応は誠意を持って
     ├ 取り次ぐ相手が不在の場合は?
     ├ クレーム対応の重要性
     ├ 電話をかける時の注意点
     ├ 携帯電話の扱いに注意
     └ 携帯電話はビジネスパートナー
 ├ ビジネス文書の基本
     └ ビジネス文書の種類
 ├ お茶出しは意外と重要だよ
 ├ 席次とは?
     └ 乗り物の席次
 ├ 訪問前のアポイント
 ├ 面談、商談のマナー
 └ 冠婚葬祭の金額
posted by ビジネスマナー 仕事の味方 記録の細道 at 08:02 | Comment(0) | ビジネスマナー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。