金融食品文化美容仕事学校旅行人気運勢健康TOPページ


 
  トップページ | 新着情報
 

お辞儀を使い分けよう

ビジネスパーソンの転職サイト

ビジネス用の挨拶は、基本的には4つの項目で構成されていると考えてください。
ひとつめはタイミング。
ふたつめは言葉遣い。
みっつめは声の大きさ。
そしてよっつめは、お辞儀です。

まずタイミングですが、これはかなり重要です。
例えば、上司が誰かと話をしているタイミングで挨拶をするなどは、はっきり言ってビジネスマナーとしてはありえません。
そういう場合は、会釈のみを行うのがマナーです。
もちろん、何か用があっていく場合は別です。
そういう場合は「失礼します」から入り、用件を伝えましょう。

ふたつめの言葉遣いに関しては、実はそこまで重要ではありません。
もちろん、無礼な言葉遣いなどは論外ですが、細かい部分でのミスはさほど影響は与えません。
もちろん、礼儀に厳しい上司や先輩の場合は、話は別です。
ビジネスマナーとして、細部まで気を使いましょう。

みっつめの声の大きさは結構重要です。
何を言っているのかわからないような挨拶では、場合によっては不快感を与えてしまいます。
逆に声が大きすぎても、それを快く思わない人もいるでしょう。
声の大きさも、相手に合わせることが大事です。
体育会系出身の方であれば大きめの挨拶の方が良いでしょう。
新入社員の間は、元気をアピールする為に多少声を張るのも有効です。
ただ、職場によってはそれで浮く事もあるので、声のトーンは相手や職場に合わせて微調整しましょう。
そして最後、お辞儀ですが、これはかなり重要です。
お辞儀というのは、主に角度で三つに分かれます。
出社、退社の際やすれ違いの際には、15度程度の軽い会釈を。
しっかりと挨拶すべき上司やお見送り、お迎え、取引先への訪問の際は30度ほど中礼を。
そして、冠婚葬祭、感謝、お詫びといった場合は45度で敬礼を、それぞれ行いましょう。
あまり曲げすぎるのも、パフォーマンスと取られる可能性があるので注意しましょう。


120万人が本当に知りたい今どきのマナー (ベネッセ・ムック 暮らしの新教科書)

120万人が本当に知りたい今どきのマナー (ベネッセ・ムック 暮らしの新教科書)

  • 作者: サンキュ!特別編集
  • 出版社/メーカー: ベネッセコーポレーション
  • 発売日: 2008/06/05
  • メディア: ムック



衆議院議員総選挙2009に関するアンケート
posted by ビジネスマナー 仕事の味方 記録の細道 at 07:38 | Comment(0) | お辞儀を使い分けよう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。