金融食品文化美容仕事学校旅行人気運勢健康TOPページ


 
  トップページ | 新着情報
 

よく使われる敬語


図解ビジネスマナー―さすが!と言われる

図解ビジネスマナー―さすが!と言われる

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: 高橋書店
  • 発売日: 2006/03
  • メディア: 単行本




敬語は、社会人として生きていく上で非常に使う頻度が高くなります。
学校に通っている学生でも、教師や先輩と話す時に使う機会がありますが、そうした場合は、敬語というよりは丁寧語が圧倒的に多いものです。
丁寧語といっても、かなり適当というのが一般的な感覚ではないでしょうか。
いかし、社会人となるとそうも言っていられません。
ビジネスマナーの基本中の基本である敬語をしっかり操る事ができなければ、どこかで大きな失態を招いてしまう事でしょう。
ビジネスマナーの遵守の為にも、敬語はしっかり学んでおく必要があります。
では、実際によく使う敬語についてご説明していきましょう。
まず、会社の呼び方です。
手書き採点リンク

自分の会社を指す言葉、相手の会社を指す言葉ではそれぞれ違います。
自分の会社は「弊社」「当社」、相手の会社は「御社」「貴社」などという言葉を使います。
これはビジネスマナーの基本である敬語のさらに基本です。

次に、主に電話対応で使う言葉について紹介をしておきます。
相手に対してその身分を聞く場合の言葉は「失礼ですが、どちら様でしょうか」という聞き方で問題ありません。
用件を聞く場合は「どのようなご用件でしょうか」、待機させる場合は「少々お待ち下さいませ」「お待たせ致しました」で問題ないでしょう。
こういった正しい言葉を使う事で、社会人としての責務を果たす事ができます。

丁寧語は比較的間違える事は少ないのですが、尊敬語、謙譲語はごっちゃになりがちです。
例えば、行くの場合は、尊敬語は「いらっしゃる」、謙譲語は「参る」か「伺う」ですよね。
これを、自分が行く際に「そちらにいらっしゃいます」とはさすがに言わないでしょうが、相手が来る事を「こちらに伺うようです」とは言ってしまうことがあるかもしれません。
このように、結構ごっちゃになりがちなので、注意が必要です。
posted by ビジネスマナー 仕事の味方 記録の細道 at 05:24 | Comment(0) | よく使用する敬語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

PING送信プラス by SEO対策

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。