金融食品文化美容仕事学校旅行人気運勢健康TOPページ


 
  トップページ | 新着情報
 

ビジネスマナーの基本は挨拶

何事にも、基本というものはあります。
それはビジネスマナーであっても例外ではありません。
そして、ビジネスマナーは特に基本が重要と言われています。
では、その基本とは何を指すのでしょう。
それは、挨拶です。

この挨拶ができるかどうかというのは、家庭や学校での教育がほとんどのウエイトを占めます。
育った環境次第では、全く挨拶をする習慣がなく、なかなかはきはきと言えない人が実に多いのです。
挨拶の出来ない人は、自己啓発クラスの革命を起こしてでも挨拶ができるようにならなければ、社会では通用しないということです。
挨拶をしっかりしなければ、社会ではまず相手にもされない、というのが社会の常識なのです。

あいさつの教科書


では、ビジネスマナーにおける挨拶というのは、基本的にはどのような言葉遣いなのでしょう。
大体の目安ですが、午前11時までは「おはようございます」11時以降は「お疲れ様です」「こんにちは」、退社する際は「お先に失礼します」退社する人に対しては「お疲れ様でした」というのが基本です。
もちろん、立場が違えば言葉遣いも違ってきますし、業界のよってはどんな時間でも「おはようございます」が基本の世界もありますが、まずはこれらをしっかり使うことがビジネスマナーの基本と言えるでしょう。
基本の挨拶というのはコミュニケーションにおける出発点であり、初対面での第一印象を決定付けるものでもあります。
つまり、あらゆる局面において、この挨拶がはじまり挨拶に終わる、これが社会の常識であると言えます。
挨拶ができないだけで自分を低く見られることに憤りを感じる人もいるようですが、実際問題、挨拶にはその人の礼儀が全て集約されています。
これをしっかりできなければ、社会から締め出されてしまうことさえあるのです。
必ず、挨拶はしっかりと、はきはきと言えるようなってください。


あらゆることが好転していくご挨拶の法則

あらゆることが好転していくご挨拶の法則

  • 作者: 林田 正光
  • 出版社/メーカー: あさ出版
  • 発売日: 2008/04/14
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)



通信教育講座E-LifeStudy
posted by ビジネスマナー 仕事の味方 記録の細道 at 18:04 | Comment(0) | ビジネスマナーの基本は挨拶 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

PING送信プラス by SEO対策

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。